合宿で運転免許を取得することについて紹介しているサイト

>

車を取り巻く環境や車の需要

合宿期間や料金の目安は?

合宿型で免許を取得したい場合、施設は全国にあり特色はさまざまです。
生徒を呼び込むために力を入れているところも多いので人によっては通常のように自宅から自動車学校に通うよりも楽しんで取得を目指せるでしょう。

合宿期間は普通免許であればどこの施設でも大体2週間で、免許の種別などによってはこれより若干長い場合もあります。
料金も地域や施設によって多少の違いはあるものの、大体の施設が30万から40万円程度必要となります。
合宿での免許取得そのものにかかる費用なので、合宿中の生活に必要な雑費などが別途かかることを覚えておきましょう。
施設によっては食費が固定であったり、都度徴収型であったりなどさまざまなので行きたい施設があったら確認してみましょう。

合宿で免許を取得する場合の流れ

合宿で免許を取得するといっても、誰でも申し込めば利用できるわけではありません。
通常の自動車学校と同じく入学手続きの際には視力などの基本的な適正検査があります。
そこを通過すれば、学科と施設内での実習になり、それを修了すると実際の道路へ出ての実習訓練が始まります。
それが終わればいよいよ試験で、合格することができれば晴れて卒業です。
ここで注意したいのが合宿型自動車学校では卒業までをサポートするのであって、免許取得のための試験はこの後本試験として受けなければなりません。
学校を卒業することができれば免許が交付されるわけではないので覚えておきましょう。
運転免許試験場での試験に合格できればやっと免許保持者となることができます。


この記事をシェアする