合宿で運転免許を取得することについて紹介しているサイト

>

合宿型で免許取得する時に気を付けたいこと

利用時期によって料金や込み具合が変わる

合宿型で免許取得を目指すため、どんな人であっても2週間から3週間程度の休暇が必要となります。
社会人ならなかなか難しい日数ですので、利用者の多くは学生です。
学生の利用者の多くは夏季休暇や冬期休暇の時期に申し込む人が集中しやすく、施設にもよりますがその時期は通常料金より高いところも珍しくありません。
少しでも安く済ませたい人で2週間から3週間の休みを取りやすい人はこの時期は避けた方が良いでしょう。

また、全体の料金の中にどのようなことが含まれているのかはよくチェックしておく方が良いです。
食事も1日3食付いても費用なのかや、相部屋や個室でも当然費用はかなりの違いが出てきます。
個室は人気があるので早く埋まってしまう場合もあるため、申込時期についても計画しておく方が良いでしょう。

自分の生活圏での訓練ができない

合宿で免許取得までに必要なことを学科や実習で学ぶわけですが、自分が実際に暮らしている場所からは合宿施設が離れていることが多いため、車通りの多い場所や大きな道路などとは少し学ぶ環境が違うことがあることを覚えておきましょう。
見慣れた場所でも車で初めて走るのは怖いものですし、またその恐怖感は安全面においてとても大切なものでもあります。

卒業後に自分の生活圏内を走る時は可能であれば運転免許を所持している人を同乗させたり、比較的車通りの少ない道で試運転してみるのも良いでしょう。
慣れや、土地の性質など運転する環境や景色は毎日違うと考えて運転することが大切です。
慣れるまでは焦らず、この先のコンビニまでなど目標を決めて、自分のペースで短距離から走ってみましょう。


この記事をシェアする